テレワークで便利!立つペンケースは小物収納付きがオススメな話【コクヨ・ネオクリッツ ユニテ】

[2021年6月26日投稿]

コクヨ・立つペンケースネオクリッツユニテのブログバナー

どうも、KYです。(@ky_rta

どうでしょう?皆さんの職場ではテレワーク…やってますか?

わたしの勤め先では完全テレワークとまではいかないのですが、現在拠点を分散して少数チームでの半テレワーク勤務体制となっております。(近場ですけどね)

今までは本社事務所へ通勤だったため、自分のデスクというものがあり、そこに仕事道具を収納していたんですね。しかし、新拠点でのお仕事ということでプチ転勤みたいなものです。

そこで引っ越しする仕事道具を選んでいたのですが、意外と困るのが文房具の数々。今まで持ち運ぶ文房具といえば、ペンをビジネスバッグに直に入れているくらいで、実はペンケース持っていなかったんですよ(汗)

立ち上げたばかりの拠点、不自由ない仕事環境を実現するには、こりゃ最低限のツールが収納できるペンケースが必要だ…!ということで選んだのが、コクヨの立つペンケース「ネオクリッツ ユニテ」。

仕事で必要なツールが収納でき、ビジネスバッグ内でもコンパクトに持ち運び可能。デスクワーク時はペン立てになるので、スペース有効活用&中身も取り出しやすい作りになっています。

もはや手放せないほど満足度高めの愛用ペンケースをご紹介です。

目次

コクヨのネオクリッツ ユニテを購入した理由

購入したネオクリッツ ユニテを手に持った写真

学生時代以来!?ひさびさにペンケースを購入したんですね。TSUTAYAに足を運んで、まずはいろんなペンケースの使い勝手を試す。

そのなかで「立つペンケース」に選択肢を絞ることに。やはりペン立てとしてつかえる実用性と、中身の取り出しやすさは大事!(わたしが学生のころには立つペンケースなかったような…?文房具の進化はスゴイ…!!)

最終的にネオクリッツ ユニテを選んだ理由は以下のとおり。

  1. ペンケースの小物収納仕切りの使い勝手がよい
  2. ペンケースの素材がやわらかく取り扱いがラク
  3. デザインがシンプル&パステルカラーでなごむ

それぞれの良かった点について率直に感想をお伝えします!

小物収納仕切りでラクラク文房具整頓

商品タグの説明書き

ペンケースでありがちなのが、中でゴチャゴチャになってしまう文房具の混在問題。いざ必要なモノを使いたいときに探す時間が生じてしまい、ちょっとストレス…。

ユニテの場合は商品タグの説明書きにあるように、どの文房具をどのスペースに収納するか、あらかじめ想定されて仕切りがつくられているんですね。

  • 仕切①:15cm定規・ふせん(幅50mmまで)など
  • 仕切②:ペン類
  • 仕切③シャープ替芯、携帯ハサミなど
  • メッシュ:消しゴム、テープのりなど

以上、4つの収納スペースに分かれています。これだけのツールを収納できれば仕事するうえで十分ですよね。

わたしのユニテの収納物を公開

ネオクリッツ ユニテに収納している文房具一式

実際に愛用しているわたしの収納物はこんな感じ。

  • CROSSのボールペン(バイデン大統領が就任式で使ったブランド)
  • 三菱ジェットストリーム(4色ボールペン+シャーペン)
  • MIDORIのアルミ&ウッド定規(15センチ)
  • 消しゴム
  • スティックのり
  • ふせん
  • USBメモリ
  • クリップ

これだけあればだいたいの書類仕事は問題なし。あとは携帯ハサミ・ホチキスがあればベストですが、まだ買ってません。こんな感じでオシャレなのを揃えたいです…笑

 

定規の長さには注意が必要!

ユニテに15センチ定規を入れるとファスナーで噛んでしまうことも

個人的に不満なのがペンケースの高さですね。説明書きでも15cm定規に対応していると書いているのですが、わたしの定規を収納するにはギリギリの寸法となっています。

定規を真っ直ぐに立てて入れると、ファスナーが噛んじゃうことがあるんですよね。(いつもナナメにして入れるようにしています)

メーカーによって定規端っこの余白長さがちがうので仕方ないかもですが、もう少しペンケース自体の高さに余裕あればな〜、という感じです。それ意外の部分については完成度が高いだけに惜しい!
>>MIDORIのアルミ&ウッド定規を愛用しています

やわらか素材のケースは使用時でも持ち運びでもメリット大

バナナの皮を剥く用にペンケースの中身を確認

立つペンケースはいろんなメーカーから出ていますが、ネオクリッツ ユニテを購入した決め手がケース素材のやわらかさなんですよね。

バナナの皮を剥くようにペンケースを開いて中身を確認できるので、視認性は文句なしにバツグン。「あの文房具どこだ?…ゴソゴソ…。」といったようにペンケースの中身を漁る必要ゼロです。

ビジネスバッグの中に突っ込んだネオクリッツ ユニテ

荷物がいっぱい入ったビジネスバッグにも気軽に放り込めます。ユニテがやわらか素材なおかげで、多少窮屈なスペースでも強引に押し込めます(笑)
>>HushTugというブランドのビジネスバッグを愛用中

立つペンケースはお店でいくつも試しましたが形状がカッチリとしたタイプも多いです。そこらへんは使うひとの好みで選ぶといいでしょう。

シンプルなフォルムとポップなカラーが魅力

ネオクリッツ ユニテのパッケージデザイン

ネオクリッツ ユニテはデザインもシンプルですし、万人受けしそうなポップなカラーリングがいいですよね。職場でも「いいねそれ!」と褒められました(笑)

わたしが購入したのは「グレー×ライトグリーン」で、あと他3色がラインナップされています。
>>コクヨ公式|ネオクリッツ ユニテ

ふだん持ち歩く仕事道具って機能性はもちろんですが、見た目が気にいるかどうかってメチャクチャ大事だと思うんですよね。好きなものに囲まれる生活は、ふと視界に入ったときに不思議とキブンが上がるもんです。

ということで、ツールの収納性や使い勝手に満足している、立つペンケース「ネオクリッツ ユニテ」のご紹介でした〜!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

どこにでもいるいたって普通の社会人(31歳♂)です。
あまり空気を読まずに思いついたことを綴っていきます。
気楽にお付き合いいただければ幸いです。

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる