空気読んでこ

趣味や学んだことを雑談的に発信する場

るろうに剣心[北海道編]第3巻の感想|大乱闘スマブラ化が突き進む…!

るろうに剣心北海道編第3巻の表紙

どうも、KYです。(@ky_rta

 

2019年8月2日に、るろうに剣心ー明治剣客浪漫譚・北海道編の第3巻が発売となりました。

 

青春の学生時代にどハマりした「るろ剣」を、大人になったいまも新作として読める。

 

ファンとしてこれほど幸せなことはありませんね。

 

そんな愛すべき作品を、第2巻が発売されたタイミングからぶった切って感想を綴らせてもらっています。

 

www.read-the-air.jp

 

それではさっそく第3巻について想いを吐露していきます…!

※若干ネタバレ要素含みます

 

 

 

 

 

いにまとめられた"アの三馬鹿"

 

バカっぽい顔のトリオ

う〜ん、今作もあまり進展がなかったですね。

明日郎、阿爛、旭の新キャラ3人組。

 

名前の頭文字をとって、作中では"アの三馬鹿"という呼称でまとめられてしまいました笑

 

志々雄の無限刃を受け継ぐ明日郎は、どこかの局面でキーとなるキャラなのは間違いないのですが、残りの2人がどこで化けてくるのか全然読めません。

 

というか存在意義が疑われるレベル…!?

 

現時点ではおバカキャラが飽和状態になってしまっていて、じゃっかんダレ気味な感じが…

 

はり、るろ剣オールスター戦でした

いろんな武器を持った5人の忍者キャラが集合

前回の記事から予想していたとおり、旧作ファンにとっては胸アツな展開になってきました…!

るろ剣本家では剣心たちと死闘を繰り広げてきた志々雄の配下、十本刀が味方として参戦!

 

旧作でも敵役ではありながらも、キャラの見た目や性格が憎めなかった十本刀。

 

特に"刀狩りの張"の参戦がエンタメ的な存在としてとても嬉しい。

 

旧作では志々雄が敗北して十本刀解体後、張は斎藤一配下の警察となりましたが、そこからの独特な立ち位置が大好きでした。

 

左之助と張でいじり合いながらも、最後はすべて斎藤がシメる。

この3人のバランスが今作でも遺憾なく発揮されています。

 

この絶妙なラインのおバカっぷりが、るろ剣におけるエンタメなんですよ。

 

おバカだけじゃダメなんですよ。 

シメるとこはシメてもらわないと。

 

そういう意味で前述した"アの三馬鹿"は締まりが無いエンタメだなぁ…と。

※新キャラ3人へのダメ出しばっかでゴメンナサイ

 

ともな新キャラ、そして真打ち登場!

2本の刀を背負った上半身裸の武士

幕末の生き残り、新撰組・二番隊組長、"永倉新八"がついに登場!

 

なんと表現すればいいですかね、今作中における永倉新八の空気感は。

新登場なのに、このるろ剣という世界への馴染みっぷり…

※旧作にも数ページ出てきていたので完全な新キャラとは言い難いかもですが

 

やはり…幕末の動乱を生き残りし者のオーラ!(適当感)

 

過去シーンを除いて、新撰組所属のキャラ同士が絡むことがいままでなかったので、るろ剣に新しい風が吹きましたね。

 

個人的に斎藤一の永倉新八に対しての敬語がツボすぎました笑

 

素直に実力を認めている同胞の年長者には、礼儀正しく接する武士道精神は持っていたようです。

 

永倉新八については実力についても十二分に期待できるので、今後の戦闘シーンが非常に楽しみです。

 

Wikipediaによると、史実でも「一に永倉、二に沖田、三に斎藤の順」と新撰組の組長の中でも屈指の腕前であったそう。

 

(参考文献:永倉新八 - Wikipedia

 

得意技の「龍飛剣」が早く見たい…!

 

 

 

ョーカーはどこで動き出す…!?

トランプカードのジョーカー

そして気になるのが、剣心が援軍要請をかけた四乃森蒼紫と師匠・比古清十郎の行方。

 

正直、師匠が早く出張ってきてしまうと、その時点で剣心陣営のワンサイドゲームが確定しそうなのであれですが笑。

 

とりあえず旧作同様、師匠に関しては絶体絶命のピンチに駆けつけてくれることでしょう。

 

1番動向が気になるのが四乃森蒼紫。

 

「身内の不祥事」で、とある任務を遂行中と説明されているシーン。

なにやら見たことがないキャラと対峙している、殺気漂った様子の蒼紫。

 

「身内」とは隠密御庭番衆で関わりがあった、むしろ元隠密御庭番衆のメンバーなのでしょうか?

まったく現時点ではヒントがないのですが、本編ストーリーへの重要な伏線が張られていそうです。

 

 

4巻への展望

1本の日本刀

第1〜3巻で続いていた、北海道編でメインとなるであろうキャラ紹介は一通り終えた感じがありますね。

 

いよいよ北海道編のストーリーが本格的に動き出しそうです。

今作では全道が舞台となるので、剣心陣営も数チームに分かれることが予想されます。

 

ということで、勝手にチーム分け(願望)をしてみます。

※連載を見ている方はすでに知っているとは思いますが、単行本派の意見なのでご了承ください

 

①:剣心チーム(主力A)

当然の主力チームを務めてもらうのが、剣心・左之助・斎藤の3人組。

旧作の京都大火編からぶつかり合いながらも絶妙なトリオを結成していたので、本作も主力チームとして活躍してくれることでしょう。

 

②:永倉チーム(主力B)

史実によると斎藤一をも上回る実力を持つ、永倉新八。

作中での瀬田宗次郎との小手先調べを見ても、圧倒的な戦力になることは間違いありません。

 

そこで、元十本刀主力であった瀬田宗次郎&安慈和尚を永倉組長が率いて、もう1つの主力チームとして活躍していただきたい…!

 

新しいトリオが生み出す空気感が楽しみですね。

 

③:元十本刀チーム(準主力)

準主力チームは、刀狩りの張・大鎌の鎌足・飛翔の蝙也に務めていただきましょう。

 

ボスクラスの強敵相手には厳しいですが、雑兵相手には圧倒するであろう、元十本刀チーム。

 

旧作では弥彦に敗北してしまった、ガッカリな存在だった飛翔の蝙也。

今作ではいいところを見せておくれ…!

 

④:残り(ベンチ)

残りのメンツは戦力として不安なところがありますので、質より量でなんとか頑張ってください。

 

ピンチのところで明日郎の無限刃がダークサイド側で開放されてしまい、それを師匠・比古清十郎が止めにくるパターンを1つの展開として予想しておきます。

 

ということで、剣心陣営のチーム分け予想(願望)でした。

 

 

 

4巻の発売日はいつ…!?

本屋の山積みされた本

これまでの発売日については下記のとおりです。

 

第1巻発売日:2018年9月4日(火)

第2巻発売日:2019年2月4日(月)

第3巻発売日:2019年8月2日(金)

 

約半年間隔、曜日がバラバラだけど月初めに発売されているくらいしかわかりませんが…

 

るろうに剣心北海道編の第4巻は、2020年2月3日(月)発売と予想しておきます!

 

また半年後を楽しみに、日々の生活をがんばりましょう!