空気読んでこ

趣味や学んだことを雑談的に発信する場

ペヤングやきそばジンギスカン風を本場の北海道民が食べてみた

ジンギスカンのイラスト

どうも、生粋の道産子KYです。(@ky_rta

 

北海道で「カップ焼きそば」といわれると、おそらく多くのひとは真っ先に東洋水産のマルちゃん「やきそば弁当」を思い浮かべることでしょう。

 

道産子であれば小さいころから慣れ親しんでいる独特の甘みあるソース、シャキシャキのキャベツ、そしてなにより特徴となっている中華スープ!

 

 

正直「やき弁」って完成度が圧倒的なんですよ。

味、コスパともに優れすぎていて、他社商品なんてアウトオブ眼中。

 

本州のほうとかだと「ペヤング」が人気みたいですけど、まったく気にもしていなかったですからね。

というか人生で1度も食べたことなかったし…。

 

ところが!

そんなわたしでも買わざるを得ないペヤングがコンビニの棚にあったのです。

 

 

 

ヤングから試される大地への挑戦状

ペヤングやきそば北海道ジンギスカン風のパッケージ

 

 

「ほうほう、ペヤング君。ただでさえアウェーの北海道に、しかもジンギスカンの名前を語って土足で入ってくるとはいい度胸ではないか…。」

 

 

大胆不敵な挑戦を買うべく、生粋の道産子が人生で初めてペヤング(ジンギスカン風)を食べてみました。

 

いざ、開封の儀

開封したペヤングやきそば

蓋を開けてみると、シンプルな構成です。

 

ソース

かやく

 

以上。

 

野菜はジンギスカン風と謳うだけあって、ニンジン・キャベツ・もやしなど、実際のジンギスカンにも入っている野菜が揃っていますね。

個人的にもやしをたくさん入れてくれているところがポイント高いです。

 

調理をしていきます

 

まずはかやくを容器にあけて、お湯を入れて3分間待機。

その後お湯を捨て、ソースをかけてまんべんなく混ぜてからいただきましょう。

 

かやくを入れるタイミングで勢いあまってソースも入れちゃったら、とてつもなく悲しい思いをするのでお気をつけくださいね。

(むかし1度やらかしてマジで絶望しました)

 

 

 

それではいざ実食

調理後の完成したペヤングやきそば

 

見た目、香りともにいい感じ。

ファーストインプレッションは合格です。

ジンギスカンというだけあって、ラムをイメージしたかのような肉も多めに入っています。

※あとから調べたところ、本物の羊肉なようです。

 

さて、肝心の味のほうはどうでしょう。

小さいころから本場のジンギスカンで鍛えられた味覚を満足させることはできるのか…!?

 

 

「パクっ。もぐもぐ…。」

「ん〜、このソースの味。どこかで食べた記憶のある味だ…。」

「ほどよく酸味あるしょっぱさ、あとからくるスパイシーな刺激。まさか…ベルのたれを研究してきたか!?」

 

 

※「ベルのたれ」とはベル食品から販売されている、北海道では超メジャーなジンギスカン専用のたれです。といっても野菜炒めにかけたり、料理の隠し味に使ったり、何にかけてもだいたいおいしくなる魔法のような調味料です。

 

 

道産子も認めざるを得ません

青空と草原が広がる風景

 

ペヤングのジンギスカン風やきそば。

悔しいですが素直においしかったです。

しっかりジンギスカンの風味とリスペクトが伝わってきました。(何様)

 

基本は「やき弁」なのは変わりません。

だけどたまには「ペヤング」もいいかな…。

(普通のペヤングを1回食べておきたい)

 

そんな風に心の距離が少し縮まった気がします。

道民のわたしに人生初のペヤングを食べる機会を与えてくれてありがとう。