空気読んでこ

趣味や学んだことを雑談的に発信する場

夏の夜空を見上げる散歩に出掛けてみた

f:id:ky_dayo:20180801224102j:plain

こんばんは、KYです。

暑い日が続きますが皆様お元気でしょうか?

42都道府県で高温注意報が発令されていますね。

本州では40℃近くまで上がっているとか、、、

もはや東南アジアの気候と何ら変わりありませんね。

北海道在住の私も連日の30度超えでかなりグッタリです。

しかし幸いなことに、夜は北海道って比較的気温が下がってくれるんですよ。

ただ日中の余熱で部屋がとても暑い。夕方を過ぎると外のほうがかえって気温が低いことも。

そんな暑い夜、久々に私は夜風を浴びに散歩に出掛けてみました。

 

私の住む街、未知の街

いま住んでいるアパートに引っ越してきてから10か月がたった。

車社会の地方のため、日常歩く機会があまりない。

通勤も車。買い物も車。休日のお出掛けも車。

歩く機会は近くのコンビニやスーパーに買い出しに行くときくらいなもの。

実は意外とこの街を知らない。

地方に住んでいる人って、意外と同じような境遇の人が多いんじゃないかな?

散歩のルートは決めずに歩いてみる。

1時間という予定時間だけ決めて、それ意外は完全にノープラン。

道の分岐点にきたときは迷わず見知らぬほうへ。

好奇心をかすかにでもくすぐる選択を繰り返し、どんどん先へ進む。

まるで小学生の頃に戻ったかのように楽しい。

 

 

 

歩いてわかる街の営み

ぷらぷら歩いてみると面白い形をしている家が目を楽しませてくれる。

どこかでBBQをやっているおいしそうな匂いを感じる。

家の中から幸せそうな家族の笑い声が響いてくる。

日中働いて、帰宅後は家でゆったりくつろぐのも幸せ。

だけどたまにこうやって街の声を聞きながら歩いてみるのもいいのかもしれない。

少し勾配が急な長い長い坂道を汗かきながら登ったあとのこと。

振り返った瞬間、初めて見る景色がそこにあった。

有名な夜景スポットなんかでは決してないけれども、立ち止まってしまった。

高台から家一軒一軒に灯る光を見ると、街が生きているのがわかる。

不思議と穏やかな気持ちになれる。夜の散歩って贅沢だなぁ。

 

疲れを癒せる夜散歩

毎日働いて、帰宅後はご飯食べたらバッタリ。

そんな社会人生活を送っている人にこそ、たまにの夜散歩をおすすめしたい。

一般的に年齢を重ねるほど好奇心や感動は薄れていくといわれています。

また現代社会は少しでも暇があればスマホ・PCをいじったり、テレビを見てしまうなど誘惑の多い時代です。

そこで自分の時間を遮るものがなく、静かに自分自身と向き合うことのできる夜散歩の出番なのです。

 何も考えず好奇心に従ってみるのも悪くないものですよ。

心を落ち着ける選択肢の1つにいかがでしょうか。