空気読んでこ

趣味や学んだことを雑談的に発信する場

Chromebookの特徴とは?|Windows・Macとの違い

f:id:ky_dayo:20180924095534p:plain

どうも、KYです。(@ky_rta

 

「皆さんは普段どのようなパソコンをお使いですか?」

 

おそらくほとんどの方は「Windows」もしくは「Mac OS」を使っているのではないでしょうか。

家電量販店やネットショップでパソコンを"普通"に探すと、その2つから選択することになりますよね。

 

むしろ意識して探さない限り、それ以外の選択肢がない

 

そんな中わたしは「変わり種ガジェット」(失礼)が大好きなもので、Google社が開発したOSを搭載している「Chromebook」というパソコンを使っています。

 

▼わたしが使っているモデルは「ASUS Flip C101PA」です▼

ASUS Chromebook Flip C101PA シルバー 10.1型ノートPC OP1 Hexa-core/4GB/eMMC16GB/C101PA-OP1

 

●「Chromebook」という存在を知って少し興味がある。

●モノにこだわっていて、あまり人と被るものを使いたくない。

●Androidスマホを使用していて、互換性あるパソコンが欲しい。

 

そんな購入前に半年間悩んでいた、わたしのような人に伝えたい記事です。

(Mac OSはつかったことがないため、基本はWindowsとの比較になります)

 

 

 

  

なたはどちらのタイプ?

f:id:ky_dayo:20180924095551j:plain

「Chromebook」を手に入れてから3か月。

使い心地はとても動作が軽快で文句なし。

 

しかしWindowsやMacを使用していた人からすると、機能にひと癖あるパソコンです。

 

使い方によって人を選ぶガジェットなのです。

(一度この癖を気にいると"最高の味"になります)

 

Chromebookに向かない人

Windowsアプリ・ソフトを使いたい(Microsoft Officeを含む)

 

Windowsには便利なアプリやソフトがたくさんあります。

 

しかしChromebookは「ブラウザ上で作業を行う」という特徴があるので、Windowsのようにアプリ・ソフトを本体にインストールして使うことができません。

(Androidアプリはインストールして利用することが可能)

 

そのかわりChromeウェブストアで公開されている「ブラウザ上で動作するアプリ」は豊富に揃っています。

 

またGoogle版Officeであるスプレッドシート・ドキュメント・スライドは、Excel・Word・PowerPointと互換性がありますのでご安心ください。

(本格的なマクロをつかっての作業とかになってくると本家のほうがいいと思いますが、わたしはそこまで使いこなせないのでなんとも言えません)

 

 

負荷の高い作業をしたい

 

一部高価格帯のモデルを除き、普及しているChromebookはスペックが高くないです。

 

Chrome OSはサービスの大部分を「クラウド(外部)に任せる」という特性があります。

 

パソコン自体での処理が少ないためスペックは高くなくて問題ないのです。

(もちろんスペックが高い機種のほうが良いに越したことはありませんが)

 

なので、負荷のかかる画像や動画を編集する作業には向きません。

ゲームについても同様です。

 

パソコン内で作業を完結させたい

 

Chromebookは基本的にネットにつなげて、「情報・アプリが保存されている各種クラウドに、必要に応じてパソコンからアクセスする」ことが前提です。

 

ネットにつながっていないと実力を発揮できないのです。

(ネットにつながっていなくても使えるアプリはたくさんありますが)

 

Windowsなどは「パソコン本体は必要な情報・アプリをインストールしておく入れ物」という考えです。

 

OSの考え方のちがいから、パソコン1台だけで作業を完結させるという点においてはWindowsのほうが向いているでしょう。

 

しかし問題なのが機種を変更するとき。

Chrome OSの場合、すべてのデータはGoogleアカウント(クラウド)に紐付いています。

そのため手間のかかるデータ移行を行う必要がありません。

パソコンが急に不調になったり、壊れた場合にはChromebookは安心だといえますね。

 

 

 

Chromebookに向いている人

Androidユーザー(Googleアカウント利用者)

 

Googleのサービスを普段から利用しているひとにとって、Chromebookが相性がよいことは間違いありません。

 

クラウドを介したサービスがほとんどなので、出先で作業していたものについても帰宅してからChromebookを立ち上げた瞬間に再現できます。

 

この完全な互換性は本当に便利すぎる!

 

軽作業メイン(ネットサーフィン・ライティング)

 

Chromebookはサービス処理のほとんどをクラウドに依存させているため、1つ1つの動作が本当に軽い。

 

起動も電源を押してから「5秒」くらいで立ち上がります

 

あとはGoogleアカウントのログインパスワードを入力したら即使用可能。

ちょっとした調べ物などがでてきたときに、気楽につかうことができます。

 

パソコンって気づいたらインストールしているアプリ・ソフトが増えていって、どんどん動きが重くなっていくじゃないですか?

 

なにか作業したくなっても、起動の遅さを考えると躊躇しちゃうんですよね…。

(高いパソコンはまた違うのかもしれませんが)

 

セキュリティ重視

 

先ほどから何度も書いちゃってますが、Chromebookは「Googleアカウント」と「クラウド」ありきのパソコンです。

 

極端な話、Googleアカウントでログインしなければ何もできない"ただのハコ"なんです。

 

Googleアカウントでログインすることによって、アカウントに紐付けたサービスにアクセスできるようになります。

 

なので、セキュリティの考え方にも大きな違いがあります。

 

Windows ⇨ セキュリティソフトなどで「ウィルスを侵入させないように気をつける」

 

Chromebook ⇨ Googleアカウントをパクられないように気をつける」

 

Googleアカウントをご利用の方はご存知かもしれませんが「二段階認証」や「ワンタイムパスワード」の設定ができるのでセキュリティは強固ですよね。

(そのぶんアカウント設定の変更とかめんどうですけど…)

 

少なくともアプリ・ソフトやメールからウィルス感染する危険性と比較すると、かなり安全性は高いといえるのではないでしょうか?

 

ッチパッドが気持ち良いほど快適

f:id:ky_dayo:20180924115219j:plain

「Chromebookはマウスが必要ありません。」

 

そう言い切ってしまえるくらいタッチパッドの完成度が高い。

 

Windowsのノートパソコンをつかっていたときは、タッチパッドだけではどうしても作業にストレスがあり、マウスをつなげて使用することが多かったです。

 

だけどChromebookを使い始めて3か月の現在。

一度もマウスをつなげたことがないんです…!(いま気づいた)

 

その理由として、マウスで行う作業をタッチパッドで完結できることが挙げられます。

 

よく使うタッチパッド操作

2点同時タップ

f:id:ky_dayo:20180924115116j:plain

マウスをつかったときの「右クリック」と同じ機能になります。

 

これが本当に便利すぎて、手に入れた初日は感動。

 

「すげぇ…」と1人つぶやいてました。

 

2点タッチスライド

f:id:ky_dayo:20180924115820j:plain

マウスのサイドボタンに配置されている「戻る」「進む」も、タッチパネルだけで操作可能。

 

指2本をタッチパネルに置いて「右」か「左」にスライドさせるだけ。

ほんと軽快すぎてストレスフリー。

 

Chromebookのタッチパッドに慣れたいまだとマウスを置くスペースを考えたり、パソコンにつなげたりする作業がストレスですね…。

 

3点タッチスライド

f:id:ky_dayo:20180924120228j:plain

だんだん必殺技のようになってきましたね…! 

これもよく使う機能です。

 

指3本(わたしは人差し指・中指・薬指)をタッチしながら「右」か「左」に移動することで、タブの切り替えもタッチパネルで操作可能です。

 

Chrome OSの特性上、ブラウザ上の作業が多くなるのでこの機能はありがたい。

 

いちいちポインターを動かしてタブを選択する必要がありません。

 

ほかにもタッチパネルだけで操作できるものがあるのですが、この3つを覚えると格段に快適なChromebookライフを送ることができます。

 

使い始めて3か月のいまも、このタッチパッドの心地よさは作業していて気持ち良いです…!

 

 

 

イフスタイルの変化

大げさな話かもしれませんが。

 

Chromebookのおかげで「パソコン」という操作するための機械が、自分の手足となって動いてくれる「パートナー」と呼べる存在にまで昇華してくれたような気がします。

 

なにか「わからない」「困った」となったときは、すぐに駆けつけて助けてくれるフットワークの軽いヤツ。

(電源ボタン押して5秒で登場)

 

適当にキーボードかちゃかちゃして、タッチパッドいじくり回してるだけで楽しいんですよね〜。

おかげでブログの更新数が増えました…!

 

最近ツイッターとかでも「Chromebook」についての文字をたまに目にするようになりました。

 

まだまだ圧倒的にパソコン市場の中では小さい立場ですが、魅力あふれるガジェットだと思うんですよね。

 

今後も国内少数派Chromebookブロガーとして魅力をお伝えできれば、と思っています。

Chromebookの購入をお考えの方がいましたら、お気軽にわたしのツイッターに声をかけてくださいね!