空気読んでこ

趣味や学んだことを雑談的に発信する場

「LINEワンコイン投資」の運用パフォーマンスを発表!|2019年7月編

LINEワンコイン投資のバナー広告

(引用:LINEワンコイン投資

 

どうも、KYです。(@ky_rta

積立投資を4年間継続しています。 

 

2019年5月から、興味本位で開始してみたLINEワンコイン投資。

 

先月から開始した運用報告に引き続き、7月分のパフォーマンスも包み隠さず発表してまいります…!

 

結論から言いますと、7月も元本割れすることなく、堅調な伸びを見せてくれました。

 

それでは内訳を見ていきましょう。

※データはすべて7月30日時点の記録です

 

ワンコイン投資

 

 

 

 

べての資産を公開します

LINEワンコイン投資のすべての資産グラフ

LINEワンコイン投資における、すべての資産が上記の図です。

 

投資元本が今月は10,000円追加され、合計が15,500円。

 

含み益が275円となっております。

 

LINEワンコイン投資の入出金履歴

なお、今月もパフォーマンスが順調だったことから確定利益がありました。

 

合計5円です。(チーン)

 

しかし侮るなかれ。

現金で保有していたら、決して生まれることがなかったこのお金。

さらにさらに、銀行で貯金していたとして、5円の利息を生み出すためにはどれくらいお金がかかるかというと…

 

500,000円というお金を1年間預けなければ生まれません…!

※ゆうちょ銀行の通常貯蓄貯金で預けた場合の利息

 

株式市場の好調な波に乗れると、やはり恩恵が大きいですね。

※逆もまた然りですが笑

 

 

 

7月の運用パフォーマンス

LINEワンコイン投資の含み損益1ヶ月グラフ

投資のパフォーマンスについて、、、

ですが1ヶ月のグラフだと推移がわかりづらいですね。

LINEワンコイン投資の含み損益1週間グラフ

期間が限定されすぎてしまいますが、1週間のグラフで見ていきます。

損益の動きについてはだいたいこんな感じでしたね。

 

大幅な変動はなく、若干右肩上がってくれた平和な1ヶ月でした。

 

 

 

投資内訳の状況

LINEワンコイン投資の投資先グラフ

投資先それぞれのパフォーマンスについてです。

 

①株式 比率36.96%

 運用金額5,830円 

 含み損益+2.70%

 

②債権 比率51.07%

 運用金額8,056円

 含み損益+0.91%

 

③不動産 比率4.90%

 運用金額773円

 含み損益+1.71%

 

④金(GLD) 比率4.88%

 運用金額771円

 含み損益+4.90%

 

LINEワンコイン投資におけるコモディティの中身は、実物資産の"金"になります。

今後内容に変更がないかぎり、わかりやすさを重視して当ブログでは上記の表記でいきます。

 

ワンコイン投資

 

裕資金は働かせるべき

時計と積み立てているコイン

金融市場って、"お金がお金を生んでいる"ちょっと特殊な場所です。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方」でも触れられていますが、世の中に流通しているお金の9割近くが、"金融経済"からうまれているんです。

 

 

銀行貯金などを代表とする前者を「間接金融」と呼び、株式や債権などの商品に直接出資している後者を「直接金融」と呼びます。

 

記事の途中でも書きましたが、超低金利時代のいまは"間接金融"である銀行にお金を預けていても、雀の涙程度の利息しかもらえません。

 

お金にしっかり働いてもらうには、"直接金融"の市場にお金を投じるしかないんです。

 

日経平均株価推移グラフ

※上記グラフは約20年間分の日経平均株価の推移です

 

リターンを得るということは、もちろんリスクもあります。

 

グラフを見ると山もあれば谷もありますよね。

株価が下がり続けて不安になることもでてくるでしょう。

だけど、必ずどこかのタイミングで底を打って上昇しているんです。

 

目の前の損益の動きに一喜一憂せず、淡々と積み立てを続けることが大事なんですよね。

 

そういうドーンと構えた気持ちで、今後も運用していきますよ!

 

ちなみにLINEワンコイン投資は2020年4月30日まで運用手数料無料キャンペーンをやっています…!

夏期休暇に入るこのタイミングで、下調べして始めてみるにはいいタイミングかもですね。

 

⇨LINEワンコイン投資公式サイト

 

それでは2019年7月の運用報告はこんなところで。

また来月!